“How to” are common and universal methods everyone can access. Why do we need “How to"? When you face difficulties in "society", "system" and "life", you would try to find "comfortableness" in your way. Is this personal or social?

"How to/ハウツー"は誰でもアクセスできる一般的で普遍的な方法を指し示すものです。なぜ私たちは"How to/ハウツー"が必要なのでしょうか。社会、システム、生活の中で困難に直面したとき、私たちは自分のやり方で「快適さ」を見つけようとします。それはどこまで個人的なのかまたは社会的/集団的なものなのでしょうか?