About

Accept as experiences the particular circumstances and environment surrounding us.

Juli Lee is lives and works in Munster Germany, she has been in Japan as a first step to try to see a little bit and try to understand "Asia". 

Kana Nishio lives in Tokyo, studied in Switzerland in recent years, and participated collaboration project in Hong Kong. she tried touch the mutual context.

we met each other in 2018 of spring.

Our common topics include personal circumstance, cultural context, subjective and objective, identity formation, Process of globalization, reality and unreality. We are attempt to experience cultural influences in the way of spontaneously and passive. We are doing individually that subjectively and objectively, in the exchange of each other context. We start  sharing our thinking from 2018 and establish project "How to be".


“How to” universal reinterpretation

I am trying to actively and passively reinterpret social customs and systems with the processes to be social customs. Observing subjective and objective. "How to" refers to external communication methods, but why is "How to" necessary in our life? Also, When you face difficulties in "society", "system" and "life", It makes us feel the struggle and stressful. We would try to find "comfortableness" in your way. I asked people who are various backgrounds, "How to manage your stress?" and asked about their thinking about stress. I am trying to categorize based on their commonality and universality. 

There is also a strong interest in the concept of "melting pots," which refers to the mixing of various contexts to create or become one strong ideal image or a new context. I feel the connection between the universality and the Melting pot. First, I was trying to understand myself between others, for example, "tracing clothes" I race clothes which wear usually to one fabric, after what transforming abstract object in daily activities such as washing in a Washing machine and packing for travel. The actions in our daily life we usually perform universality but does the discomfort and comfort belong to the personal sphere or social and collective spheres or both?



「How to」普遍的な物事の再解釈

実体、主観的および客観的、アイデンティティ形成につながるプロセスをテーマに能動的かつ受動的に社会の習慣やシステムを再解釈する事を試みている。

今回はJuli Leeとのコラボレーションで行ったエクササイズの記録を発表。Leeはドイツ育ちの韓国籍で現在ドイツのミュンスター芸術大学に所属しており、過去に日本に留学した経験があり、アジアのコンテクストに関して自身のバックグラウンドを通して理解することや、鑑賞者と作品の間に生じる関係性に関心がある。

西尾は物事の価値観の認識について関心があり、近年スイスでの交換留学や香港でのコラボレーションプロジェクトの参加経験から、様々な文化のコンテクストにアクセスする方法を探っている。

今回のエクササイズの試みとして、

"How to/ハウツー"は外部的なものとの関係やコミュニケートする方法論を指し示すものあるが、"How to/ハウツー”が何故必要なのか。また社会、組織、生活の中で困難に直面したとき、「不快適/ストレス」を感じたり、それを乗り越えるために私たちは自分のやり方で「快適さ/コンフォタブルネス」を見つけようとする。そのために多様なバックグラウンドの人々に”How to manage your stress / どのようにストレスと向き合っていますか”と質問し、ストレスに対する考え方について回答してもらい、それらの共通性や普遍性をてカテゴライズ化する事を試みている。

また、私たちの強い関心として「Melting pot(人種のるつぼ)」という思想があり、様々なコンテクストが混ざり合って1つの強い理想的なイメージや新しいコンテクストを作る、またはなろうとすることを指す。普遍性とMelting potに関係性を感じ、まず、私たちお互いを理解するための行為をその思想に基づいて行った。例えば、お互いの強いイメージやアイデンティティを形成する要素としての衣服を1つのファブリックにトレースし、洗濯やパッキングなど日常的な行為の中で1つの抽象化されたオブジェクトに転換する事を実践した。

私たちが普段行う行為は普遍性を伴うが、各個人が抱く不快的さと快適さなどは、個人的な領域なのか社会的、集団的領域なのか、またはどちらにも属しているのだろうか。

Kana Nishio

1994 born in Kanagawa, Japan

Based on Tokyo

Consider the structure and formation of the universalized case-environment-human relationship from a contemporary viewpoint. I try to develop a new recognition through artwork.

普遍化された物事について、事例⇄環境⇄人の構造や関係性から再認識し、様々なメディアで可視化を試みている。

Juli Lee

1995 born in Göttingen, Germany 

Currently working and living in Münster

Thoughts, questions, and themes are based on experiences.

Often they are about perceptions of the environment, roles (main and supporting role ) and value. Another important matter is the interaction/movement of the viewer with work, imagines and observes how people move in the space and try to find these kinds of elements.

思想や疑問、テーマは自身の経験に基づいて展開される。環境、役割(主要な役割と補助的な役割)、および価値の認知、また、視聴者と作品との間に生じる相互作用/動きについて。どのように人々が空間の中で動くのか、表現の中で模索している。